アブ-アリ・プロジェクト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターナショナルサービスラーニング2015(西南学院大学)②

2.日常生活
西南2-4
毎日朝は5時半に起床し朝食の準備や身の回りの掃除をして一日が始まります。年上の子達が率先的に料理を担当しています。薪での料理もお手の物です。
西南2-1    西南2-3

時間があると庭先で刺繍やミサンガをしたり、タイの国技でもあるセパタクローやギターをします。また日本から持ってきた習字や剣玉、コマなどもしました。
夜には皆で勉強をします。子供達に日本語を教えたり子供達からタイ語とアカ語を教えてもらいました。  

西南2-5   西南2-6   西南2-7

休日は近くの畑に歩いていき、とうもろこしや
ピーナッツや野菜を収穫します。
川へカニと魚も捕りに行きました。
西南2-2   西南2-9   西南2-8   

その日の収穫物はその日の昼食や夕食になります。ここでの食事は毎食、ごはんと野菜が並びとてもヘルシーです。味付けは調理の担当の人によって変わりますが、そんなに辛くなく香辛料も少なくてとても日本人が食べやすいものばかりでした。
西南2-11

日本から持ってきた材料を使いお好み焼きとカレーライスを作りました。子供達は黒のお好み焼きソースが見慣れないようで、初めは食べるのを怖がっていましたがソースの中に隠し味に唐辛子を入れて皆が食べやすいように工夫すると、美味しいといって沢山食べてくれました。
西南2-13

今回約20人分の食事を用意してみて、台所の火元はとても暑く汗を拭きながらのきつい作業です。また大きな土鍋は女性が片手では持てないくらいの重さがあります。このような体力のいる作業を毎日、平日は朝と夜、祝日は三食全て自分たちで行っていて子供達は本当にすごいと思いました。
西南2-12

(続く)
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。