アブ-アリ・プロジェクト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アブ-アリ・プロジェクトの紹介(後)

前回に引き続き、アブ-アリ・プロジェクトの紹介をします。
以前使用していたパンフレットが有りましたので、こちらも紹介しておきましょう。
手工芸品を中心とした活動の紹介となっています。
アブアリを理解していただける助けになればと思います。

刺繍する山のおばちゃん
↑ 熱心に刺繍をする山のおばちゃんたち

続きは

***************


村落教育と開発のためのアブ-アリ・プロジェクト(ABL)
タイ山岳民族手工芸プロジェクト

タイ北部や北西部にはヒマラヤへと連なる山々があり、そこには山岳民族と呼ばれる人々が暮らしています。山岳民族とはその名のとおり、山に暮らす民です。彼らの生活空間はタイの山だけでなく、近隣のビルマ、ラオス、ベトナム、中国南部の山々にも広がっています。そんな彼らの生活は森、川、動物、神々と共にあり、山の田畑で米や野菜を作り、家畜を育てるというものです。民族や地域、または宗教の違いによって生活様式はそれぞれ異なっていますが、それぞれがとても創造的で逞しいものです。
彼らはこれまで、自分達の生活に必要なもののほとんどは自分達の手で創ってきました。自分達の食べるもの、着るもの、使うもの、吸うもの、飲むもの、住む家、歌、遊び、言葉などなど。もし、彼らとの生活を少しでも共にすれば、山岳民族の生きる力強さや創造性に触れることができるでしょう。でも、そのとき同時に彼らが抱える問題も目の当たりにするはずです。タイの山岳民族の多くは、いわゆる普通のタイ国民が持っている権利を同じように持つことを認められておらず、たくさんの問題を抱えているのです。例えば、国籍や選挙権が認められない、土地を持つことができない、県や郡を越えて親戚に会いに行くのもままならない、時には学校教育を受けることが許されないといった問題です。

とりわけ近年では、山岳民族の生活を支えてきた自然資源を、彼らからとりあげるという動きが強くなっています。自然や環境と相互依存の間係にあった従来の生活が出来なくなりつつあるのです。彼らの中には日々の生活の糧を得るために、平地の都市へ行き、安い労働力で働く者も増えています。従来の生き方をするにしても近代的な生き方をするにしても、彼らは多くの困難と向き合わざるをえないのです。

そこで、1996年、アカ族であるアリヤ・ラッタナウィチャイクン氏は非営利組織(NGO)として「村落教育と開発のためのアブ・アリプロジェクト(ABL)」を設立しました。このプロジェクトは、地域コミュニティーに密着して、山岳民族の子供たちや青年の教育を支援し、村の知識を持ったリーダーを育てることで、彼らの自立を目指すことを目的としています。

子供たちのミシン研修
↑ ミシン研修の様子(アブ-アリ寮の子供たち)

山岳民族手工芸プロジェクトは、ABLの活動をする村の女性グループが行うプロジェクトで、山岳民族の手工芸品を通して、経済的に進んだ国々で生きる人たちと山岳民族との関係をつなぎ、彼らの現状を少しでも改善しようとして活動しています。
具体的には、ABLが山岳民族の手工芸品を適正な値段で販売し、同時に彼らの現状への理解を求める活動を行い、女性グループは、販売から得られる利益を家族の医療費、子供の教育費、村や地域の社会活動費に充当できることを目的としています。
近年ではこの活動によって、日本とタイ山岳民族の女性グループとの交流や、化学染料を用いていた山岳民族の女性たちによる草木染の復活、そのための植林なども始まっています。

山で織物指導
↑ 先生を呼んで、村人への織物指導

市場経済により強制的にタイの山に暮らす人々と結びついてしまう方法とは異なる方法で、彼らとの関係を築くための第一歩として、手工芸品を通したご支援をよろしくお願いします。

こちらの活動に興味を持たれた方はご連絡ください。日本語にてお気軽にお問い合わせください。また、感想や、どのような形で支援したいかなどのご相談など、書いていただければ幸いです。山岳民族の村での交流会や、スタディーツアーの受け入れなども行っています。

皆様の理解とご協力をよろしくお願いいたします。

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

アリアさん
ブログ開設おめでとうございます。
頑張ってください、またおうかがいしますね。

鈴木 | URL | 2012-06-01 (Fri) 09:19 [編集 ]


Re: タイトルなし

鈴木様
応援をいただき、ありがとうございました。
これかもがんばって書きます。

chumuaya | URL | 2012-06-05 (Tue) 08:53 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。