アブ-アリ・プロジェクト

IDカード問題

このブログは、支援者の皆様にアブアリからの感謝の気持ちを伝えたくて、
『皆様のおかげで、子供たちが笑顔で楽しく過ごしてます。』・・・と言うようなメッセージをお伝えできればいいと思って、明るい話題を中心に紹介してます。

アブアリの抱えてる諸問題につきましては、最初の記事(アブアリの紹介カテゴリーをご覧ください)にまとめて記させていただきました。

しかし、問題点は日常の中で顔を出してきますので、この先、折を見て、そういう問題点も記していきたいと思います。

ちっとも楽しい記事じゃなくなっちゃうんですけど、お付き合いください。

今日は、家庭訪問の中で出てきたIDカード(国民証)の問題について書きたいと思います。



**********************

現在アブ-アリ寮にはIDカードの無い子が2人います。
今年の入寮希望者で、入寮がかなわなかったものの、在宅のままアブアリが支援している2人の子もIDカードがありません。(来年予算が足りれば、寮に迎えてあげる予定です。)

さて、IDカードがないと、どんな不便が有るか?

①  まともに学校へ行けない。

場所により、校長により、IDカード不所持者の入校を断る学校がまだあります。保証人を立てることを要求されます。アブ-アリはそんな子供たちの保証人となって、学校と交渉しています。要求された書類を用意するのに大変な労力が掛かっています。

②  住んでいる町から外へ出歩くことが出来ない。

万が一、警察に捕まると、ミャンマーとの国境の橋に連行され、国の外へ放っぽり出されちゃいます。
捕まっちゃった場合、アブ-アリが飛んで行って、助けてあげることになります。
③  医療が受けられない。

タイ国民は30バーツで医療が受けられますが、IDカード不保持者は全額自己負担になります。

④  卒業してもまともな職業に就けない。
最低賃金も保障されなく、不当な低賃金で過酷な労働に就かされます。
これが、人身売買、麻薬取引などへの温床となっていくのです。


IDカードを取るのって難しいの?

ご両親が居て、ご両親ともIDカードを持ってれば、取得は難しくない。
でも、ご両親ともIDカードを持ってない家庭はたくさんあるです。
この場合、DNA検査等で血縁関係を調べなければならないのだけど、どこの家庭もそんな検査代が出せるほど豊かではないです。

もう一つ、大学まで卒業して、それまで警察に捕まらないように頑張れば、道は開けてきますが、やはり自力では無理です。アブ-アリ等が守ってあげなければなりませんね。

★ では、アブアリではどんな活動をしてるの?

各村へ出かけて行って、勉強会を開いています。
IDカード取得へ向けての情報をお知らせするとともに、それぞれ個人の置かれている立場を調査し、個別に対応を指導しています。

また、他団体と協力して、関係省庁への働きかけも行っています。

いずれもお金のかかることなので、なかなか満足できる活動には至っていません。

アブ-アリは小さな団体ですが、まずは自分の寮に居る子供達から解決していこうと考えています。それから、子供たちの出身の村へも手を差し伸べたいと思っています。

IDカード取得へ向けた活動について、何かご質問等がありましたら遠慮なくお知らせください。

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013-02-02 (Sat) 19:13 [編集 ]


Re: タイトルなし

haruka様

返事が遅くなってごめんなさい。
お元気そうで嬉しいです。
また遊びに来てください。

アリヤ

ariya | URL | 2013-03-16 (Sat) 21:23 [編集 ]


 

トラックバック