アブ-アリ・プロジェクト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカ族について②(終)

これはアカ族伝統のブランコです。

17.jpg

アカ族にはブランコ祭りというお祭りがあります。これは寮に作られているものなので小さめですが本当はもっと大きなものです。

またこのブランコとは別におもしろい形のブランコもありました。

続きを読む

スポンサーサイト

アカ族について①

私たちが夢の家に滞在している間に、様々なアカ族の伝統に触れることができました。

寮にはアダ(アリヤさんのお父さん)がよく様子を見に来ていて、子供たちや私たちに伝統的な遊びを教えてくれます。まずは、カゴ作りです。竹を細長く裂いて、接着剤なども使わずに編んでいき、大小問わずさまざまな形のものを作ってくれました。これは、とても強度のあるもので竹の子を取りに行った際もこのカゴを背負って持っていきました。

13.jpg

編み方を教えてもらいましたが、とても複雑で苦戦しました。。。役に立つ知恵なので子供たちにも早く覚えてほしいなあと思いました。

(続く)

アダは楽器も作ることができます。

続きを読む

寮での生活③

寮の子達は自立した生活を送っていますが、その中でも一番驚いたのがコンクリートで雨水が通る水路を男の子たちが作っていたことです。まだ中学生なのに慣れた手つきで作業をこなしていました。

9.jpg

コンクリートの粉、砂利、土、水を良く混ぜて水路を完成させていました。私たちでは業者に頼むようなことも自らでやってのけ、それを当たり前にこなしている寮の子供たちの生活ぶりにはいつも感心させられます。便利さが何しも良いというわけではないように感じました。

続きを読む

寮での生活②

滞在中子供たちが通っている学校の見学をしました。

5.jpg

学校はひとつの敷地内に幼稚園から中学校までが一緒になっています。タイでは都市部の学校と村の学校とでは格差があって、私たちが村の学校を見て感じたことは、まず衛生管理が行き届いてないということです。

続きを読む

寮での生活①

こんにちは。私たちは福岡県の西南学院大学の2年生です。今回はインターンでアブアリプロジェクトの夢の家に8月16日から8月29日まで滞在させて頂きました。そこでの体験や感想を書きたいと思います。

1(500).jpg


では、まず始めに寮(バーンスーファン)での生活についてです。

続きを読む

西南学院の大学生、来る

今年の夏も西南学院大学から学生さんが来てくれました。
DSCN8984.jpg
学生4名と先生です。

そのうち2名がアブアリの山の寮(スーファン)に泊まり込んで、
子供達とひと時を共有しました。
DSCN9104.jpg

DSCN9109.jpg


DSCN8999.jpg

DSCN8997.jpg

その時のレポートを書いて頂きましたので、
次回から数回に分けて、ここに掲載させていただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。