アブ-アリ・プロジェクト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己紹介

みなさま、はじめまして。
まずはじめに自己紹介をします。

私の名前は、アリヤ・ラッタナウィチャイクン・・・
アリヤと覚えてください。
アリヤ出身村
↑ 私の生れた村(2011年)

つづきは(ポチッ)

続きを読む

スポンサーサイト

アブ-アリ・プロジェクトの紹介(前)

今日は、アブ-アリ・プロジェクトを紹介します。

自分たち山岳民族の生活向上のために、この活動を始めて16年が経ちました。
アブ-アリ寮の子供たち
↑ アブアリ寮の子供たち

(続きは下をクリック)

続きを読む

アブ-アリ・プロジェクトの紹介(後)

前回に引き続き、アブ-アリ・プロジェクトの紹介をします。
以前使用していたパンフレットが有りましたので、こちらも紹介しておきましょう。
手工芸品を中心とした活動の紹介となっています。
アブアリを理解していただける助けになればと思います。

刺繍する山のおばちゃん
↑ 熱心に刺繍をする山のおばちゃんたち

続きは

続きを読む

名前に込められた意味は・・・

さて、象のパオーンちゃんからの質問が来ました。

『アブ-アリ・プロジェクトの、“アブ-アリ”って、どういう意味ですか?』

アカ族男女2
↑ アカ族の男女

その答えはつづく

続きを読む

子供の為の寮の運営

アブ-アリの活動の一つの柱である、子供たちの為の寮の運営について、今日はお話ししましょう。

寮は二つあります。
ひとつは山の村の麓に。もう一つは市内です。
ようこそ
↑ ようこそ“夢の家”へ

続きは

続きを読む

山岳民族の誇りを守る活動

皆さん、こんにちは。
今日もアブアリの活動の一端をご紹介します。

山岳民族としての誇りを守るために、その言葉を含む文化の伝承もアブ-アリの大きな活動の一つになってます。
残念ながら、タイ人の間で山岳民族に対する偏見、差別は顕著な形で存在しています。その差別撤廃の運動も、活動の一つです。
アブ-アリは小さい団体ですので、他の地域のNGO団体との交流も図り、共同で山岳民族のアイデンティティーを守っていく活動にも参加しています。
討論会
↑ 文化を守るための『ミーダ討論会』

(続きは

続きを読む

自立へ向けての一歩

今日は、アブ-アリの活動の柱のうち、文化の継承活動についてお話ししましょう。
山岳民族としての誇りを守るために、伝統手工芸品の伝承もアブ-アリの大きな活動の一つになっています。
機織り研修
↑ 講師を招いて織物研修

続きは・・・・・

続きを読む

安全な農業の模索

アブ-アリの活動の一つに、環境保全(棚田づくりの奨励、森林保全活動、有機農業)と言うのがあります。
今日はこれについて、少しお話をさせていただきます。
森林研修
↑ 子供たちを連れての森林研修

続きは

続きを読む

文化交流事業

アリヤは日本に留学した経験がある。日本語が話せる。
そのため、↓ アブ-アリ・プロジェクトは日本人との交流が多い。
日本人女性と
山岳民族内の文化交流、タイ人との文化交流、日本人との文化交流も、アブ-アリの大きな仕事だ。
つづく

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。